先日、設計させていただいた「新宿の家」のご家族よりありがたいことにホームパーティーのお誘いがありまして、ファロのみんなで参加してきました。

こちらの住宅には、開放的なキッチンのある「ダイニング」、小上がりと壁面本棚で遊ぶ「プレイルーム」、それから、ソファでくつろぐ「リビング」を設けています。それぞれの部屋同士は壁で区切らず、部屋同士がゆるやかにつながっていて、隣の気配を感じることのできるひとつづきの空間となっています。

設計期間中は、施主さんと一緒にパーティーでの使い方も思い描きながら進めていましたので、実際に体験できるこの日をとても楽しみにしていました。パーティーのように大勢が集えば、あちこちの場所にいろんな人だまりが出来て、そこを友人達が行ったり来たり自由に動き回る、そんなシーンを思い描いていました。
さて実際はどのようだったかと言いますと。。

子供たちはあっち行ったりこっち行ったり、いろんな大人とお話ししてとっても楽しそうでした!大人たちはというと、子供たちに比べてひとつの場所で話し込むことが多くあまり動きはありませんでしたが、それはその場所が心地よいということのあかしでもあります。住宅として日常生活が快適なのはもちろんのことですが、パーティー等の非日常時でもより快適に、より楽しめるような建築をこれからもデザインしていきたいですね。

ダイニングにて
20130414-新宿の家パーティー01.jpg

プレイルームにて
20130414-新宿の家パーティー02.jpg

リビングにて
20130414-新宿の家パーティー03.jpg

しかし実を言うと、私自身はゆっくりパーティーを楽しむことは難しかったのです。というのも、住宅の使われ方が気になって半分仕事モードだったから。もし次回があるのなら今度はもっとのんびりしたいです。(ずうずうしくてすいません、、)パーティー好きの住宅、また設計したいと思っていますので、そんな施主さんいらしたらぜひお話しさせてください。



20130414-新宿の家パーティー04.jpg