日頃の運動不足解消のため、たまに東京駅から本郷の事務所まで歩くことにしています。
その際によく通るのが皇居東御苑です。
とても気持ちの良い散歩コースなので(ご存知の方がほとんどでしょうが)紹介したいと思います。
まず、東京駅からは二つのマルビルに挟まれた行幸地下道を通り抜け、大手門まで地下街を行きます。地下街をてくてく歩くのも好きなのです。
新装なったパレスホテルのエントランスをお借りして地上にでると大手門の真ん前です。

20130521-koukyo_01.jpg

震災時には外壁の漆喰が剥がれ落ち、地震の大きさを感じさせていましたが、今はきれいに補修されています。

20130521-koukyo_02.jpg

20130521-koukyo_03.jpg

長ーい百人番所を眺めたら向かいにあるモミジをチェック。今はツツジと新緑のコントラストがきれいですが秋の紅葉もきれいです。

20130521-koukyo_04.jpg
20130521-koukyo_05.jpg

本丸には向かわずに右手の日本庭園への道を行きます。新緑の雑木林が気持ちよいです。

20130521-koukyo_06.jpg

今はツツジのピンクが目に痛いくらいです。

20130521-koukyo_07.jpg

各県の県木が植わっているゾーンを抜けて梅林坂を通り抜けて平川門から出ます。
梅も花は終わって、早くも実の収穫時期です。

20130521-koukyo_08.jpg
20130521-koukyo_09.jpg
ちなみに御苑内のマンホールには開閉管理のため必ず封かんシールが貼ってあります。

後は白山通りをずんずん歩いて後楽園から壱岐坂を登れば事務所です。約1時間のウォーキングです。
いま見返すと、やはりこの時期と秋の写真が多いです。6月には菖蒲が見頃になるので梅雨の合間のお散歩におすすめです。とくに雨上がりの御苑は本当にきれいです!

20130521-koukyo_10.jpg