巷で話題のジブリ宮崎駿監督「風立ちぬ」はもうご覧になりましたか?好奇心と情熱をもって飛行機づくりに取り組む青年の姿がとってもすばらしい映画でした。それと印象的だったのが喫煙シーンです。普段あまり目にしないような頻度で登場人物がスパスパやっていました。

実は私も学生時代はヘビースモーカーで、吸っていたあの頃を久しぶりに思い出しました。劇中ではチェーンスモークしながらの創作行為が描かれているのですが、自分の学生時代と似ていてかなり共感できたのです。思い返せば建築学生だった当時、大学で行う創作活動と喫煙が切っても切り離せないものだったような気がします。創作行為とニコチン中毒の相性がよいといいますか、集中力のとぎれない状態が永遠につづくような感じでした。喫煙という行為が、授業の設計課題を完成させるために必要な集中力の維持に、役に立っていたのかもしれません。

20130821-IMG_2499.jpg

私は三十路辺りで煙草をやめて、いまでは全く吸いたい欲求が起こりません。そして学生時代のように、不眠不休で数日間ずっと同じことについて考え続けるような集中力も減ってしまいました。ちょっと寂しい気もします。