ファロデザインでは、住宅新築工事・リノベーション・店舗改修など様々な工事を行っています。工事には、大工さん、塗装屋さん、設備屋さん、家具屋さん、建具屋さんなどいろいろな職人さんが携わり、自分達が描く図面やイメージを元に打ち合わせを重ねる事で空間が出来上がって行きます。なので、空間の仕上げの善し悪しや図面では表現出来ない部分の処理など、こうした実際に作業をしてくれる職人さんとのコミュニケーションや信頼関係によって良くなることもあれば悪い方向に進むこともあり、実は設計以上に重要な部分だったりします。

そんな職人さんの中で、リノベーションや改修工事の際によくお願いする大工さん、渡部住建の渡部さんを今回紹介します。

20131030-20131030_01.jpg

渡部さんと最初にお仕事をさせてもらったのは、FAROが出来る前なのでもう10年以上のお付き合いになります。大工さんとしてだけでなく、現場の進行をコントロールする監督さんでもあるので、各職人さん間の日程調整や取り合いの調整などいろいろな部分に気を配り完成まで現場を見届けてくれます。非常に器用な一面もあれば、不器用な一面も・・・渡部さんとのこれまでの現場では、順調に進む時もあれば、調整がうまく行かず最後バタバタとしてしまうこともあり、何度もハラハラさせられた事があります・・・しかし、最終的にはしっかりまとめてくれお施主さんに喜んでもらえる空間に仕上げてくれる。終わってみると失敗談や大変だった事もすべて笑い話にして、お施主さんが喜んでくれる事を生き甲斐にしている姿は自分達の日々の活動と同じだなと思います。ただ図面に線で描いた事がすべてではなく、作る人の特徴や良さなどもできあがる空間には現れてくるのが面白いと現場が終わる度に感じています。

20131030-20131030_02.jpg

余談ですが、
渡部さんの自宅は茅ヶ崎にあり、よく庭でのバーベキューに誘ってくれます。現場で余った材料をうまく利用してテーベルやベンチを作ったり材料の無駄にしない姿にも関心させられますが、一番関心したのは、玄関の脇にある道具や材料を入れておく自作の小屋です。

20131030-20131030_032.jpg

渡部さんには2人の娘さんがいるのですが、娘さん達の為にと非常にかわいらしい小屋を作っています。漆喰の隙間からレンガが見える所やRのかかった窓。非常に芸が細かいです。

20131030-20131030_04.jpg

20131030-20131030_05.jpg

さらに窓と思っていた木製の扉を開けると・・・窓越しに外を眺めるプーさんが・・・窓じゃないんだ・・・と思いつつも絵心もあり非常に微笑ましい仕掛けなのです。